2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.03 (Sat)

黄山ヶ原(ファンサンボル)

660年。新羅と百済の間で繰り広げられた「黄山ヶ原の戦い」にまつわる悲喜劇を笑いと涙で描いた異色の歴史コメディ

***あらすじ***

高句麗、新羅、百済の三国間の紛争が耐えなかった西暦660年、韓国の歴史にその名を残す「黄山ヶ原の戦い」。
唐と手を組んだ新羅軍はユシン将軍のもと5万の兵を率いて、永遠のライバルであるケベク将軍率いる5千の百済軍との戦いを繰り広げるが、意外にも苦戦を強いられる。
最後の決着をつけるためユシン将軍は奇策を講じ、ケベク将軍に襲い掛かる。
果たして勝者はどちらなのか!?

***出演***

ケベク役・・・・・パク・チュンフン「逮捕王」「私のチンピラな彼氏」「ラジオ・スター」
キム・ユシン役・・チョン・ジニョン「もう一つの約束」「平壌城」「王の男」
コシギ役・・・・・イ・ムンシク「風と共に去りぬ!?」「2度の結婚式と1度の葬式」

黄山ヶ原01   黄山ヶ原02

録画した時は「見たい!」と気にはなっていたんですが・・すっかり忘れていた~
映画のディスクが入っているカバンを開かないんだよね(笑)
思い出したついでに視聴しました
ストーリーは「大王の夢」「階伯」のドラマ通りのしっかりした軸なんですが、全羅道vs慶尚道の方言が効いていて韓国語が分からない私は字幕頼りなので面白さが半減しました
始めの方は自分の地方の方言に置き換えて視聴していたんですけどね、辛くなったのでやめました(笑)
兵士たちが戦う前に運動会の応援合戦のような場面があったり、幼稚園児か!というような罵り合い、ユシンがチュンチュに対しての言葉使いなどは、方言が分からなくても笑えました
この時代に、「スパイ」「ワイロ」などの言葉使いもしませんよね
そのスパイとして登場したのがシン・ヒョンジュン&キム・スンウ・・
ドラマではケベクに口答えもせずに殺された家族たち・・ケベクの妻を演じるキム・ソナが発した言葉にも笑えます
方言の楽しみが分かればめっちゃ面白い映画だと思います
その方言がネックだったのかな・・日本での上映もされず、DVD化もされていないようですね

さてと・・この連休の目標は映画の白いディスクを無くそう!です
いくら少ないとはいえ無理かな・・
16:09  |  韓国映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lavender453.blog55.fc2.com/tb.php/306-09d82322

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。